タグ:鴨川ホルモー ( 3 ) タグの人気記事

先日(6月7日)紹介した『鴨川ホルモー』。今日、図書館で『朝日新聞』の縮刷版を繰りながら調べものをしていたら、同小説の作者・万城目学さんのインタビューに遭遇。ついでとばかりに読んでみると、作中はもちろん、表紙イラストでも存在感を発揮している「ちょんまげ高村」に、なんとモデルがあったとの記述があるではないか。

e0117183_2244121.jpg

映画『鴨川ホルモー』での高村


京都大学内のサークル「京大青龍会」を舞台に展開されるこの物語。下記インタビュー記事が指摘するように、この小説には「イカキョー(いかにも京大生)スタイル」「喫茶店の進々堂」「百万遍交差点」など「京大生になじみ深いキーワードが頻繁に登場」するほかにも、実際に京大の空気をかいだ者でなければ分からないような作中人物の行動も見られる。今にしてみれば、高村の“ちょんまげ”のその一つだったわけだが。

ご自身が京大卒でもある万城目さんは、このインタビューで学生時代のことも語っている。

万城目さん自身、大学時代にはサークルで「アホなことをまじめに喧々囂々(けんけんごうごう)と議論していた」という。体育の授業に突然ちょんまげ姿で現れ、そりあげた頭頂部を真っ赤にしながらサッカーのヘディングをする学生もいた。
『朝日新聞』2007年3月2日夕刊


このような奇行からは(高村の場合は置いといて)、かつて弊衣破帽で俗世とは一線を画してまちを闊歩した旧制高校生のような、どこか「おれたちは違うんだ」というある種の意識を感じないでもない。万城目さんは、東京に移って7年ほどして「京大での出来事が“普通でない”と少しずつ分かっていた」とも語っているが、いずれにせよ、「さすが京大!」と思わせつつ、ちょっぴりうらやましくもあるエピソードである。
[PR]
by suiminsha | 2009-07-09 17:59
昨日ふれた『鴨川ホルモー』の表紙の4人がどうも気になって、今しばらく考えを巡らせてみた。

やはり大きな決め手に欠けるものの、先頭の男がスガ氏、3番目が安倍じゃないか、したがって先頭から<スガ氏―高村―安倍―楠木>ということですね。

理由は、スガ氏が「ウェービーな髪」であること、また彼が京大青竜会の良くも悪くも“先導者”であること。一方の3番目の男は、楠木さんがつくってくれたお守りを持っていること。

ちなみに、映画の公式サイトは、こちら
[PR]
by suiminsha | 2009-06-08 22:04
今日の釜石は数日ぶりに太陽の光が注ぎました。その久々の陽光の下、午前中はこれまた久々にのんびりとした気分で新聞をゆっくりと読書欄を中心に抜き読み。『朝日新聞』には『1Q84』(村上春樹)の書評がさっそく出ていました。

午後。“ひと寝”したあと、ビートルズの「アビーロード」のように横断歩道を渡る4人が描かれた表紙を眺め、「はじめに」だけを読んだままにしておいていた『鴨川ホルモー』(万城目学)を、痛快なスピードに揺られながら読み切る。

京都のまちや歴史、陰陽五行説を下敷きにした、「ホルモー」と呼ばれる“対戦型の競技”の仕掛けもおもしろいし、主人公の安倍の恋の行方も気になる。「勧誘、貧乏、一目ぼれ」は、何も「このごろ都」だけでなく、新入生であふれる春の頃のキャンパスには、いつの時代も津々浦々で流行るもんだ。

そして作中にひょいひょい顔を出す作者のセンス・オブ・ユーモア。中でも“チョンマゲ”は強力なバクダンだった。日本人としてのアイデンティティを模索する帰国子女・高村が、土方歳三に憧れを抱いて総髪にするあたりは「さすが京都」とも思わせる微笑ましい展開だが、あることをきっかけに、月代(さかやき)を剃ってチョンマゲを結い、そこに日本人としての自分を見出すというとっぴさには声を立てて笑った。

ところで表紙の4人ですが、2人めのチョンマゲ姿が高村、最後のメガネの女性が“凡ちゃん”こと楠木さん、残る2人のうち1人は安倍だとして、最後の1人は誰なんでしょうね。スガ氏かなーともしばらく考えてみましたが、決め手がなく、分かりませんでした。(ちなみに、「アビーロード」の場合、先頭からジョン、リンゴ、ポール、ジョージですね)

鴨川ホルモー

万城目 学 / 産業編集センター



アビイ・ロード

ザ・ビートルズ / EMIミュージック・ジャパン


[PR]
by suiminsha | 2009-06-07 21:05