タグ:ビートルズ ( 4 ) タグの人気記事

久しぶりの投稿ですが、内容的には前回の続きみたいな感じ。

「ルーフトップ」を再現した、「ずっと好きだった」(斉藤和義)が、a tribute to the Beatlesの一つの傑作だとしたら、こちらも一つの別のアプローチによるmaster piece。The Doo's で「Do you know what you mean to me?」。メンバー4人は、僕が勝手に“イギリスの鬼才”と呼ぶ、Stevie Riksの一人4役。


[PR]
by suiminsha | 2010-05-24 23:34
世界中の誰よりもジョン・レノンを愛した男。世界中の誰よりもジョン・レノンを憎んだ男。世界中の誰よりもジョン・レノンになりたかった男。いや、世界中の誰よりもジョン・レノン、彼が影響した世界に振り回された男・ジュリアン・レノンが、最も父ジョン・レノン、あるいはビートルズを意識したという会心作「I don't wanna know」。



ちなみに、劇中某世界帝国の女王陛下とおぼしき御方のとなりに侍っているのがジュリアン本人。特に、後半のシーンで酒をあおっている姿はアイロニックで印象的。

いずれ。この曲は、名作です。

hey Julian, by the way, what don't you want to know about actually?
[PR]
by suiminsha | 2009-12-24 00:17
英国のタブロイド紙『Mirror』紙のウェブ版に、「Top 10 National Treasures (イギリスの宝ものトップ10)というのを見つけました。おもしろいと思うので、以下に紹介を――

Top 10 National Treasures
(1) William Shakespeare(シェイクスピア)
(2) Buckingham Palace(バッキンガム宮殿)
(3) Fish and Chips(フィッシュ・アンド・チップス)
(4) Big Ben(ビッグ・ベン)
(5) Red Phone Boxes(赤い電話ボックス)
(6) Cup of Tea(紅茶)
(7) The Beatles(ビートルズ)
(8) Bus(2階建てバス)
(9) The Queen(女王陛下)
(10) Stone Henge(ストーン・ヘンジ)

e0117183_16571319.jpg


なるほどと思わせるランキングですが、「確か同じようなものが載っていたはずだな」と思って、引っ張り出してきたのが『GQ』UK版の1996年12月号。

「15 Things we think are British(てっきりイギリスのものだと思っている15のもの)」。水色のものは、正直、僕は知らなかったり、見たことのないものです。知っている方、ニヤッとした方、よかったらコメントいただけるとうれしいです。

Monopoly (アメリカ/日本でも人気のゲーム)
Baked beans(アメリカ/ベイクド・ビーンズはハインツ社のものが有名ですか)
Jacob's Cream Crackers(フランス/このクラッカーのことは知りませんでした)
Hush Puppies(アメリカ/革靴なそうですが、これも知りませんでした)
The Royal Family(ドイツ/現在の英国王室のはじまりはドイツのハノーバー選帝侯でした)
Cornflakes(アメリカ/有名なのはケロッグでしたっけ?)
Curry(インド/本気とも冗談ともつかない。彼らは今もインドが自分たちのものだと思っているのだろうか)
Rizlas(フランス/これも正直知らないです)
Fords(アメリカ/確かにイギリスでもよく走ってますね)
Biros(フランス/ボールペンだそうで、僕は見たことあるかなあ)
Chips(ベルギー/これに魚の揚げたのを添えれば“英国の宝”となる)
Black pudding(イタリア/イタリアでは今もよく食べられているのでしょうか)
Ireland (アイルランド/これもちょっと冗談がきつすぎやしないか)
Elgin marbles(ギリシャ/大英博物館にある彫刻だそうです)
God (これはノーコメントで)

じつはこの他にも、「50 great Britons(偉大な英国人50人)」、「101 British things(イギリスらしいもの101)」などもあったのですが、50、101となると入力するのもしんどいので、今回の紹介はパスということでご勘弁を。でも、一つ言えば、人物の方のリストで、ビートルズが入っているのはもちろんのこととして、キース・リチャーズは入っているのに、ミック・ジャガーがもれているのには妙に納得させられたような。ロッド・スチュワートは入っているのだけど。頑張れ、ミック! いや、頑張りすぎたから“Sir”の称号はもらったけど、“great Briton”にはなれなかったのかも。
[PR]
by suiminsha | 2009-09-13 16:57 | 英国
You Tube でとんでもない人を発見してしまった。名前をStevie Riks というそうだ。

日本風に言えばものまねタレントとということになるのだろうが、とにかくスゴイ! だってジョンとポールを一人二役で、しかも非常に高いレベルでパロディしているのだから! 



すごいでしょう? 他にもジョージ、リンゴ(ひとりビートルズをやっている動画も有)、プレスリー(米)、ミック、キース、ボウイ、マーク・ボラン、コステロなど英国を中心にロックスターたちもしっかりパロディされている。コステロやキース・リチャーズはちょっと悪ノリが過ぎているような気もするけど、すばらしい。

ところで、ポールのまねをするときの口のゆがめ具合や視線の動かし方にもなぜだか笑ってしまいます。



さらに言えば、ポールのものまねに福山雅治のものまねとの共通項を感じずにはいられなくて(特にみっちーというタレントの方)。しばらくはこの鬼才のパフォーマンスにハマりそうです。
[PR]
by suiminsha | 2008-10-15 13:18