<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

津波に襲われガレキの山が散在する、僕らがマチと呼ぶ市内海岸部を歩いたり、避難所をまわったりしていたとき、思い出していたのは、『遠野物語』の第99話だった。「先年の大海嘯」(おそらく明治29年の三陸大津波のことか)で、妻子を失った男が、一年後の霧の濃い夏の夜の浜で死んだはずの妻に出会う。その妻は、2人が結婚前に「心通わせていた」という、やはり津波で死んだ男と「今は夫婦になっている」という。そして子どもをめぐる小さな会話の後、男が足元を見つめているうちに、2人の死者は姿を消した、という話。とても、男のやるせなさが後を引く、不思議な雰囲気をただよわせる奇譚。生き別れの話など不謹慎だと言われるかもしれませんが、こんなときだからこそ、今の悲しみが癒える日がくることを信じながら、このお話のことを語ってみたくなりました。

そういえば、作家の三浦しをんさんも、『遠野物語』の中で好きな話として挙げていました。

「土淵村の助役北川清といふ人の家は字火石にあり。代々の山伏にて祖父は正福院といひ、学者にて著作多く、村のために尽くしたる人なり。清の弟に福二といふ人は海岸の田の浜へ婿に行きたるが、先年の大海嘯に遭ひて妻と子とを失ひ、生き残りたる二人の子と共に元の屋敷の地に小屋を掛けて一年ばかりありき。夏の初めの月夜に便所に起き出でしが、遠く離れたる所にありて行く道も浪の打つ渚なり。霧の布きたる夜なりしが、その霧の中より男女二人の者の近よるを見れば、女はまさしく亡くなりしわが妻なり。思はずその跡をつけて、はるばると船越村の方へ行く崎の洞のある所まで追ひ行き、名を呼びたるに、振り返りてにこにこと笑ひたり。男はと見ればこれも同じ里の者にて海嘯の難に死せし者なり。自分が婿に入りに以前に互ひに深く心を通はせたりと聞きし男なり。今はこの人と夫婦になりてありといふに、子供は可愛くはないかといへば、女は少しく顔の色を変へて泣きたり。死したる人と物言ふとは思はれずして、悲しく情なくなりたれば足元を見てありし間に、男女は再び足早にそこを立ち退きて、小浦へ行く道の山陰を廻り見えずなるたり。追ひかけて見たりしがふと死したる者なりと心付き、夜明まで道中に立ちて考へ、朝になりて帰りたり。その後久しく煩ひたりといへり」


e0117183_9474547.jpg

[PR]
by suiminsha | 2011-03-26 09:52
いまさらながら、イマーノ先生のグレイトさに改めて脱帽。



20年以上年も前に原発に「NO!」を投げつけたこの曲を、高校生だった僕も聞いていたわけだけど、ビートに心ゆさぶれても、メッセージは当時の僕には「歌詞の一つ」だった。エラそうなことは言えない。
[PR]
by suiminsha | 2011-03-24 15:56