<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

熱烈にとは言い難いが、僕は小学校の頃からプロレスが好きである。そのプロレスに、“シナリオ”があると知ったのはわずか数年前のことだったと思う。まあ、“めでたい”プロレスファンというわけだ。

1977年の全日「世界オープンタッグ選手権」での、ザ・ファンクスとシーク&ブッチャーの“大流血戦”以来、ファンクスのファンとなった僕だが、そんな選手やグループどうしの“抗争”、さらには“流血”も演出だよ、と教えられたときは、さすがに「マジかい?」と声を上げ、にわかには認めたくない気持ちであった。


プロレスの世界では、対戦カードを決めるだけでなく、このような試合のシナリオをつくることを「マッチメイク」といい、これにあたる人を「マッチメーカー」という(のだそうだ)。この言葉も最近、知った。そんな中、そのまんまのタイトルにひかれて図書館から借りてきたのが、第49回江戸川乱歩賞受賞作でもある『マッチメイク』(不知火京介)。

ストーリーとしては、あるプロレス団体の会長兼エースの選手が、試合途中に死亡し、他殺を疑った主人公の新人レスラー・山田がその謎の解明に挑んでいくというものである。そして、事件を追っていく中で、山田は“真剣勝負”ではないショーとしてのプロレスの実体も知っていくのだが、僕としては犯人探しよりも、こっちのプロレスにまつわるサイドストーリーの方にがぜん興味がいった。(ところで、山田の唯一の同期レスラー、「本庄」のキャラ立てはおもしろい。)

「ジュース」(レフリーあるいは選手自らがカッターで額などを切ること)、「アングル」(試合のシナリオを盛り上げるための“序章”。“抗争”をめぐる一連のパフォーマンスなど)、「抜き打ちアングル」(「自分で勝手にシナリオを書き変えちゃう」こと)などの隠語の意味が、犯人探しの途中で本庄から主人公に教えられる。“めでたい”僕にはこれだけでも十分刺激的だが、さらに本庄の口から語られた「門番」というものに僕は非情な興味を覚えた。

この小説では、丹下というレスラーがその「門番」の役目を与えられている。道場破りに対しては彼が相手をし、圧倒的な強さで打ち負かす。しかしながら、「いつだれとやっても負けないために」レスリング、柔道、ボクシング、空手、合気道、剣道、ムエタイなどあらゆる格闘技をマスターしていった丹下だったが、「同時に丹下さんには万年前座レスラーの座が与えられた。丹下さんの真の実力は完全な社外秘だった」のである。

門番――誰よりも過酷なトレーニングに耐え抜き、誰にも負けない強さを身につけたにも関わらず、その実力を世間にはアピールできない――プロレスのまがまがしい部分を見せられたような気がした。

「門番」のことも聞いた山田は、その門番にならないかという話を、会社の経理を手伝い、会社の内情にも詳しい様子の本庄に持ちかけられる。「丹下さんが(山田くんの)ガッツを認めたわけ」だという。山田はちょっと逡巡するが、自分が辞退した場合のことを尋ねると、本庄は「ああ、そんな心配はしなくてもいいよ。ぼくがそれもやることになるから」としゃあしゃあと言ってのける。「それじゃ、俺はおまえに一生勝てないじゃないか」と山田は門番を引き受ける。
「いや俺がやる」
言ってしまった。だがほんとうにこれでよいのか。両親や妹の顔が浮かぶ。俺が一生冴えないレスラーで終わったとしたら。みんなどう思うだろう。

丹下との“前座”に関する会話の中では、こんなことも考える。
なんだか罵倒され野次り倒される自分の姿が目に浮かんだ。

「なんて辛い役回りなんだ」と誰だって思うだろう。もし現実に、こうした世間的には陽の目を見ないことを覚悟し、観客のヤジも冷たい視線も大切な人たちの落胆も、すべてを受け入れてリングに上がっている“門番”レスラーがいるのだとしたら、畏敬すべき存在という他に言葉が見つからない(「丹下」のモデルは藤原喜明ということだが)。

個人的には、丹下や本庄の生い立ち、半生についてもっと知りたいとも思った。物語はリングの上だけにあるのではない。選手のバックグラウンドをはじめ、リング外の物語(ショーとしての演出の実体も含めて)に触れれば、プロレスはさらに味わい深いものになるのかもしれない、そんなふうにこの小説は思わせてくれた。

マッチメイク (講談社文庫)

不知火 京介 / 講談社


[PR]
by suiminsha | 2009-05-31 22:10 | 読書
今日で5月も終わりますね。今月は身体の調子がいまいちだったりと、“失われた1カ月”だったような気が。ようやく調子も上がってきたし、明日から6月。月曜日に新しい月が始まるというのは、気持ちを切り替えるのにちょうどいいです。今日と明日の関係というのは、いつの日だって同じことだと思うのですが、ここは都合よく新しい週と新しい月の始まりを歓迎しつつ、気持ちを奮い立たせるのに利用しよう。
[PR]
by suiminsha | 2009-05-31 16:58
20世紀も終わりに近づいた頃の一時期、気の合う飲み友達と飲み歩くように夜を過ごし、ともに笑い、ともに泣いた1曲。

マッドネスの「Lovestruck」(1999年)



サビのところでは、それまで鬱屈していたものが一気に解放されたかのような浮遊感がやって来る。僕はなぜか「雨に唄えば」の、ジーン・ケリーが雨の中を踊るあの有名なシーンをよく思い浮かべたものです。今回PVを初めて見たのですが、なんとなく僕の経験的印象というか雰囲気が似ていていなくもなく、苦笑い。
[PR]
by suiminsha | 2009-05-28 21:04 | 英国
朝日新聞さんの企画「百年読書会」への勝手な“のっかり企画”、「ひとり『百年読書会』」と命名することに。

6月の本は、向田邦子の『あ・うん』。持っていなかったので、書店に行ったはいいが、なんと背表紙が色あせていた。古本ならともかく、“背やけ”している本なんて買いたくないですよね。しかし、他の書店には同書が置いていない。ここが小都市のつらいところで、アマゾンでとも当然考えたが、早く読みたい気持が勝り、背に腹はかえられぬと泣く泣く背やけ本を購入。

(↓ ちょっと分かりづらいですが、文春文庫の向田邦子シリーズは本来、黄色の背表紙なんですよ。)
e0117183_23142842.jpg


僕は思ったのですけど、「百年読書会」が取り上げる、その月の作品を目当てに書店をのぞく人がけっこういると思うので、僕が書店の人だったら、その月の作品を多めに揃えて、目につきやすいところに配置しておくけどな。

で、そんなことを書きながら、も一つ思った。僕でさえ思いつくようなことをプロが考えないわけがない。店頭に並んでいるのは1冊だけだったが、きちんと裏にストックを揃えていたりして。お店の人は「背やけ本が売れたわい、しめしめ」と言いながら、裏からきれいな本を持って来て、書棚に差し込んだかもしれない。うーん、それは口惜しい。

「すみませんが、背やけをしていない『あ・うん』ありますか?」と聞いてみるべきだったと、反省。
[PR]
お隣のお国にはプサンという都市があるわけだけど、この「釜山」について、僕は幼い頃から既視感があったんです。その理由がこれ。

e0117183_23232015.jpg


この写真は、地元JR釜石駅のプラットフォームです。「釜」「山」の文字が見えますか。

釜石駅からは「釜石線」と「山田線」の2本が出ておりまして、子どもの頃からこの文字の並びに親しんでいたわけです。ですから釜山市というところも、「かまやま」市だとずっと思っていました。
[PR]
by suiminsha | 2009-05-26 23:32
昨日の夕方。「〇〇が“くたん”となっているから、水をやってちょうだい」と母親が父親に“水やり”を頼む声が聞こえた。「昨日(土曜日)も水をやっていないでしょう?」
2人は土曜日は終日外出。昨日も朝から出かけて、帰ってきたばかりであった。

そのやりとりを聞いていた僕がその花に目をやると、確かにかわいそうな姿になっている。
【写真1】午後4時15分頃
e0117183_955729.jpg


好奇心も手伝い、水やり後を追ってみました。
【写真2】約30分後(4時45分頃)
e0117183_957074.jpg


【写真3】さらに約45分後(5時半頃)
e0117183_9573054.jpg


【写真4】そして、今日。9時半頃
e0117183_10163123.jpg


こうやって目に見えて元気になってくれると、説得力がありますね。何より見ていて気持ちがいい。

しかし、植物の回復力というか生命力も感心ものだけど、水のパワーもすごい。僕だって【写真1】より無惨な二日酔いの日などにその恩恵にあずかっているわけですが、そう考えると、「万物の根源は水である」と、古代ギリシャの哲学者タレスが言ったのも分かる気がします。
[PR]
by suiminsha | 2009-05-25 10:51
さっき古い新聞を整理していて、「そうだよねえ」と膝を打つとともに「さすが教授!」と思った、坂本龍一氏の言葉。

「エコはファッションであっていい」
「エコって自分と家族のためのエゴなんだけど、それを否定したりしなくていいと思うんですよ」
(『朝日新聞』4月25日付 青be)

そして記事中には、「格好良さがないと、続かないし、広がらない」というこの記事をまとめたライターさん(梶原みずほさん)の言葉も。「うん、うん」と、うなずく僕。

やっぱり自分がかっこいいと思ったことを(さりげなくでもいいし、一生懸命でもいいし)やることがかっこいいと思うし、もちろん“見せ方”というか“見え方”というのも大きいと思うのだけど、そういう実践をする人のことも僕はかっこいいと思う。

以前にも書いたことかもしれないが、「かっこいい」「かっこわるい」というのはとても重要な基準だと僕は思っている。まあ、多分に主観的な価値基準ではあるけれど。

エコに限らず、ボランティアやNPOなどの慈善活動だって何だっていいけど、他人が何かに取り組んでいるのを見て「なんだか偽善っぽくて嫌だ」「なんだい、スカしやがって」という人もあるだろうが、“ファッション”なんだからさ、いいじゃない。そんなこと言う人、あまりかっこよくないと思う。学校の文化祭とかのバンド演奏を尻目に「ちぇっ、へたくそだな」なんて言いながら、内心うらましげに体育館を出て行くのにちょっと似てやしないかい。
[PR]
by suiminsha | 2009-05-20 00:43
またまた[You Yube]からの動画紹介の記事になりますが、ビートルズのパロディでおもしろいのを見つけたもので。イントロは、もろ「Twist & Shout」ですが、歌われているのは、「Hava Nagila」というヘブライ民謡なんだそうです。エキゾチックなメロディが妙に初期ビートルズ風サウンドと合っていて、おかしくもあり、つい何度も見てしまいました。



世界的にも有名な歌らしく、[You Yube]上にも、オーケストラで演奏しているものから、テキサス(カントリー)風とかインド風にアレンジしているものなど、実にいろいろなバリエーションがあります。それだけユダヤ人が世界中にいて、それぞれの土地の文化と融合しているということなのでしょう。
そんな中で、次の動画が素朴で昔ながらの雰囲気を残しているのでしょうか。



これを見ると、小学校の頃によく踊ったフォークダンスの「マイム・マイム」を思い出さずにはいられません。「マイム・マイム」はペルシア発祥と聞いたことがあるけれど、どこかでつながっているんですね(追記:「マイムマイム」は同じイスラエル民謡のこと。それで似ているのも納得です)

時間のある人は、ぜひこちらも見ていただきたいです。冒頭に紹介したビートルズ風「Hava Nagila」が挿入されているショートストーリィで、ビートルズの映画「A Hard Day's Night」をおかしくパロディしている。というか話の筋はオリジナルそのもの。
「A Hard Day's Night」を観た人なら、にやっとできるところが多いはず!


[PR]
by suiminsha | 2009-05-17 15:30
だいぶん前に見つけていた動画ですが、曲のタイトルを忘れて探すのに苦労しました。忘れないように、ここにアップしておきます。

ホリーズの「We Are Through」。マイナー調なメロディがなにげに耳に残り、日本のGSが好んでカバーしそう。ホリーズにこんなグルーブ感のいい曲があったとは勉強不足でした。今よりももっと若いときに、この曲をかっこいいと思ったかどうかは、大いに疑問。ギターのリフは、ともすれば笑ってしまいがち。今はすごくかっこいいと思っています。



でも、ホリーズといえば、やっぱりこれ。「Bus Stop」。静かな雨の日に聞きたい一曲。


[PR]
by suiminsha | 2009-05-15 21:34 | 英国
地元紙『岩手日報』5月12日付夕刊の1面のコラム「交差点」から。

「緑から生まれた白」と題されたこのコラムでは、牛乳のことが書かれていた。
ちなみにタイトルは、筆者の前を走っていた、岩手の牛乳を運ぶタンクローリーに書かれていたものとか。
僕は見たことがないけれど。

文明開化以後の日本人と牛乳との関わりを追いながら、最近は牛乳を飲む人が減り、それは学校給食の現場でも例外ではなく、また、飼料の高騰などもあって酪農家を取り巻く環境は厳しい、と文章は続く。

そんな中で、牛乳が単に栄養価の高い飲み物というだけでなく、何だかすごいスケールの大きさや、牛乳やわれわれを包む大きなシステムの存在を教えられたのが――要するに、「牛乳を飲もう」という気持ちを大いに沸きたたせたのが、次の文章。

「しかし、穀物ではなく、人間の食べられない草や葉を牛が食べて、乳や肉に変えるという酪農の本質に立ち返る良い機会とならないだろうか」

小学校のときに習った「食物連鎖」いう言葉も思い浮かぶが、こんな当たり前といえば当たり前のことをすっかり忘れていました。僕は一時期、「(牛に限らず、豚や鶏など)この動物たちはわれわれに食べられるために生れてきたのか」とさびしく思ったこともあるが、「人間の食べられない草や葉を」食べてくれるという、自然の中における役割もちゃんとあるわけである。不謹慎かもしれないが、僕は少しうれしくなった。

それだけに、せっかく牛乳を飲むならば、肉を食べるならば、存分に草や葉を食んできた牛、そのように育ててくれた酪農のものをいただきたいなと思う。牛乳には、「穏やかな催眠作用や免疫機能を高めるなど病気予防や建造増進にかかわる機能がたくさん備わっている」というし、少し牛乳を積極的に飲んでみようかと思う。消費だけを目的に化学的につくられた飲み物よりはずっといいということです。実は、牛乳あまり得意じゃないいんですけどね。
[PR]
by suiminsha | 2009-05-13 10:16 | 雑記